興味本位の素人競馬

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 世界の伝統レース □

劣性遺伝子の白馬

競走馬毛色と遺伝子についてシルバーランドさんと話していた時のことです



どんな色が好きなの?

そうかれたユキ「白馬」と答えました

1979年に日本国内初めて白毛と認められたサラブレッド

ハクタイユー

黒鹿毛の父と栗毛の母から生まれた突然変異白毛




世界では1896年アメリカで生まれたホワイトクロスが記録上初めての例とされ、この馬の両も栗毛と青毛。

日本ではサラブレッドと同系種のアングロアラブを合わせても過去16頭(突然変異6頭、遺伝10頭)が生まれている

世界にもわずか数十頭しか確認されていないほど貴重な毛色アルビノでは無いようです。


競走馬の毛色で~性格や競馬のセンス等遺伝子的にあるのでしょうか?

シルバーランドさんがえてくれた話・・・



毛色強さや性格に差がでるか分からないけど、ジンクスみたいな言われ方されることは有った。

が覚えているのは「テスコボーイの栗毛は走らないサクラユタカオーが走るまではそう言われていた。


日本でめて登録されたハクタイユーはロングエースの息子。

芦毛は劣性遺伝。それを示す例がラブリトウショウ
父がシルバーシャークで母がグレイソブリンの娘両親ともに芦毛なのに自身は栗毛だったんだ。


競走馬の毛色として登録されているのを調べるだけでも17くらいはありそうです。



遺伝法則まで拘れば白毛・芦毛・ぶち毛・粕毛・鹿毛系・栗毛系・佐目毛系・・・

(*^^*)
ユキが今~調べてるのはまだ白毛から!

先日~芝でデビューしてダートで勝利を修めたたホワイトベッセルから興味を持ったから!


世界中の白馬重賞
   勝利した白馬は居ない


次の京都5Rに出走するホワイトベッセル

重賞までのキップは川田将雅騎手の腕にかかってます

   

(^0^)いっちょ頑張ってみよ~

saikyounoidensi180-90.jpg最強と呼ばれた名馬達のストーリー
強い遺伝子が組み込まれている彼等達。
競走馬の歴史を感じるロマンを求めたブログです。
それと・・・

pogona90-90.jpg(*^^*)可愛いペットのブログです・・・が!
トカゲなので嫌いな人は見ないで下さいね~(汗)
*    *    *

Information

Date:2007/05/11
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。