興味本位の素人競馬

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 世界の伝統レース □

凱旋門~番外編

1984年の凱旋門賞を制したSagace


どうにか調べてみました
残念ながら~他の成績等はわかりませんでしたが・・・

10月2日修正サガスようやく優駿サイトにデータが入りました


ヘロド系に属するトウルビヨン系



トウルビヨン系 と言えば・・・現在では数少ないサラブレットの父系のひとつ
ブログランキング

日本の競走馬で言えば

トウショウペガサス 1979

ダイタクヘリオス 1987

ダイタクヤマト 1994

ドクターデヴィアス1989

パーソロン 1960

メジロマックイーン 1987

シンボリルドルフ 1981

トウカイテイオー 1988

サクラスターオー 1984

年代をみればお解かり頂けるように・・・

ちと時代が古くなるんです


たしかにトウカイテイオーは強かった

次世代の最強馬


しかし当時は世界中のどこかでヘロド系が活躍していた時代ってことなんですよね~


ちなみにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』では・・・

トウルビヨン系は1928年フランスで生まれたトウルビヨンを祖としている。

トウルビヨンとその仔ジョベルが種牡馬として成功したが、両馬とも祖先に血統不明の怪しいアメリカ馬がいたため、祖先の全てがジェネラルスタッドブックに記載されていなければサラブレッドとは認めないとする「ジャージー規則」(1949年廃止)によりイギリスでは排除された。


さらに両馬の所有者であるマルセル=ブーサックの没落が重なり父系の伸張が妨げられた

その後は主にフランスと日本で栄えたが全体としては衰退傾向にある

主要種牡馬はトウカイテイオー、インディアンリッジ、センテイン、ルビトン等がいる



かつてのアメリカにおけるサラブレッド競走馬の血統管理はずさんであった

クォーターホースの血を引きながらサラブレッドとして登録されたものが相当数存在したという


(^^:)そーなんです
アメリカは少しルーズな人柄の国だから・・・

血統書も~きちんとせずに繁殖させていた時代があるんですよ


その時代に生まれた

「アメリカ生まれの最強馬」


サラブレットなのにどんなに強くても~生産者がルーズだったためにヒーローとは認めてもらえなかった

戦争や馬主の没落なんかで活躍の場を失った競走馬達

ある意味~時代の犠牲とも言える存在なんですよね




4.gif
banner_04.gifにほんブログ村 競馬ブログへ
ランキングに参加中!ポチっとお願いします(^^)

*    *    *

Information

Date:2006/09/25
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。