興味本位の素人競馬

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 競馬師達の予想 □

タカマサの根岸S(GⅢ)予想

東京11レース
根岸ステークス(GⅢ)


昨年はシーキングザベストビッググラスから三連単が当たってビックリしたレース、あの時はビッググラスを狙って結構手応えあったんですが今年は混戦です(o_ _)o

4ワイルドワンダー

一番人気でしょうがメンバーを見れば妥当の評価。
ダ1400mは4勝と、コース成績3101。
前走のジャパンカップダートは距離が長すぎたのと、疲れがピークに達してデキが悪かったためで仕方がなし。
それでも5着ならやはり能力の高さは疑いの余地はありません、が鞍上が岩田騎手なのが個人的に怖いです、大丈夫かな。
今回は十分に乗り込んで仕上がりは悪くない、ただ絶好調時には少し足りない印象もあるが…。


対抗6トーセンブライト

ワンダーの能力には劣る感じですが、距離とコース適性は負けていないし、この2走は58キロの斤量を背負い5、3着と不利を受けたり、位置取りが悪かったりと能力を出しきれてなく、スムーズなレース運びならチャンスはある。
距離が長い平安ステークスは登録のみでここを目標にし、鞍上に当レースを2連覇したこともある善臣騎手を起用し陣営の本気度も高い。
前走初ダートでいきなり1分24.4秒で快勝した7マイネルスケルツィは、ワイルドワンダーの持ち時計をも上回る勝ち時計で不気味な存在、ですが左回りに良績が乏しいのはどうでしょう?。


3番手評価14アドマイヤスバルで、昨年のビッググラスに似た雰囲気を感じます。
距離とコース適性が抜群によく、先団から上がり35秒台の速い脚を使える強みが魅力。
間隔が開いても力は出せるし、追い切りでもラスト11.2秒と鋭く、前が速くなる展開になるなら今回は少し下げて差すレースってのもアリ。
鞍上の村田騎手は昨年の勝利騎手やし左回りの重賞は上手い、それに加えアドマイヤの馬との相性がかなりイイです。

地方馬として挑む昨年の勝ち馬10ビッググラスは、脚に不安があるのか成績が下がってますが、仕上がりは悪くないし、見せ場を作れる条件は揃ってます。
鞍上も2度目の戸崎騎手、前走は斤量を背負ってたぶん前に行きましたが、今回は差す競馬で来るんではないでしょうか?
実績は文句なしの1リミットレスビッド15メイショウバトラーは高齢とコース適性で嫌われそうですが、リミットの東京コースは根岸ステークスの1着と4着、残り2戦は距離が長いGⅠフェブラリーSなら内容は悪くないし、斤量的にも前走より有利。

リミットとの力差はほぼ互角の牝馬メイショウバトラーも中央G1では厳しい条件になりますが、別定の55キロと武騎手なら面白い。


5トラストジュゲムはずっと1800m戦を使い続け、前走は距離短縮の1400mで見事な差しきり勝ち、この距離の流れが合うようでこれで1400mは1100、東京コースは1200で左回りコースは4戦4連対、とかなりのサウスポー。

ここから入るのも考えましたが池添騎手の東京重賞の実績の乏しさが微妙で…。
取捨に悩むのが美浦の坂路で47秒台の坂路レコードを叩き出した13シンボリグランで、ダートの適性はあるんでしょうが気難しい性格が余計なので…怖いですがここは消します。

馬連&三連復一頭軸
4‐1、5、6、7、10、14、15


馬単
4‐1、5、6、7、10、14、15
6‐1、4、5、7、10、14、15
14‐1、4、5、6、7、10、15


三連復ボックス
1‐4‐5‐6‐10‐14‐15


三連単一頭軸マルチ
4‐5、6、14、15


keibasi180-80.jpg【【本拠地 三重県】】
【【28歳 派遣員】】
【【競馬歴 5年】】



【【タカマサ】】
20071125035443-60-205.jpg

タカマサの週末競馬ブログです
*    *    *

Information

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。