興味本位の素人競馬

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 競馬師達の予想 □

タカマサの新潟大賞典(GⅢ)

新潟11レース
新潟大賞典
(GⅢ)


16スウィフトカレント
休み明けでも坂路で51.7‐12.8秒と好仕上がり、鉄砲巧者でもあるが今回は脚部不安明けなのは少々割引きが必要。

7歳とはいえ昨年は5戦のみで使い減りがなくまだまだ馬は若い。
脚の使い所が難しいタイプだが新潟とは相性がよく、時計勝負なら上位争い。

鞍上に横山典騎手を起用と勝負気配ムンムンだが、このコンビは8戦して馬券に絡んだのは1度のみ(汗)。この不安要素とプラス要素が半々の馬を狙うのは危険なんですが…、これでやたら人気するようなら、15カンファーベストから入る。
カンファーベストは過去にこのレースで2着、関屋記念1着と新潟コースで5連対とコース適正は1番。
前走も休み明けで5着と、叩き2戦目の前進も見込める。
一昨年の勝ち馬5オースミグラスワンの前走はスローで脚を余し凡走、相変わらずアテにしずらいレースぶりを露呈。
それでもこのレースは瞬発力がある馬が有利なだけにハマれば勝ち負け。
昨年の勝ち馬12ブライトトゥモローは昨年よりハンデが2キロ増し、加えて追い切り内容は前走からデキ落ちと評価が微妙。

4歳牡馬で能力が高い14サンライズマックス、前走は休み明けで出遅れまともにレースをせず凡走。
前走も仕上がりが良かったが今回も絶好調を維持、距離適正、ハンデ、左回り、時計勝負でも通用可能。
そんな後ろに下げなくても速い脚を使えるのは魅力。

先行馬で面白そうなのは4マンハッタンスカイ、前走の勝ち時計が1分59秒ジャストで、時計勝負にも対応できるだろうし、3キロ減のハンデも魅力。

意外にも左回りコースが初めての10フィールドベアーは、時計勝負では厳しい面もあるが血統的にこのレース向き。

三連復一頭軸
16‐4、5、10、12、14、15


馬単
14‐4、5、15、16
15‐4、5、14、16
16‐4、5、14、15


馬連ボックス
4‐5‐14‐15‐16


枠連流し
8‐4、3、5、6、7、8


タカマサ【【本拠地 三重県】】
【【28歳 派遣員】】
【【競馬歴 5年】】

【【タカマサのBlog】】
20071125035443-60-205.jpg


*    *    *

Information

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。