興味本位の素人競馬

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 思い出の馬の話 □

着外だが、よく頑張った!

メイショウサムソン

本日行なわれた凱旋門賞では、またもや日本の競走馬の名が歴代の出走表に刻まれた。
過去に害専門へ挑戦したのは数少ない、スピードシンボリ(13着)に始まりメジロムサシ(18着)・シリウスシンボリ(14着)・エルコンドルパサー(2着)・マンハッタンカフェ(13着)・タップダンスシチー(17着)そして2006年のディープインパクトは3位失格。
メイショウサムソンの成績は着外・・・と決して好ましい成績ではないが、メイショウサムソンが世界の最高峰であるクラシックレースに出走するなど、デビュー当時には誰も予想はおろか夢にも思わなかった事に興味をそそる。

以下、サムソンと呼び捨てにさせて頂くが、そもそも夏競馬でデビューした競走馬には下町的な親近感を覚える。
下町のヒーロー、これが私の印象だ。
当時は購入金額700万円が、その期待度を伺わせるように思う。
ちなみに、東京優駿を制覇したサラブレットの一覧をトウカイテイオーまで遡ってみても、サムソンのように夏の小倉からデビューした競走馬は居ない。
デビュー戦でも、夏競馬なら武豊騎手も福永騎手も小倉に来るので馬主は「是非ともサムソンに騎乗してもらいたい」と依頼したようだが、両者はこれを断ったそうだ。
彼らにさえ、将来のサムソンを見抜けなかったとでも言うか、見た目の資質では魅力のない競走馬だったようで、石橋騎手の手持ち馬になって以来の成績は驚異と言えよう。

良くぞここまで頑張った!
そう誉めてあげたい気持ちになるのは、私だけではないだろう。

662px-E382AAE382B0E383AAE382ADE383A3E38383E38397E381AEE98A85E5838F.jpg
笠松競馬場のオグリキャップ像(PD)
Wikimedia 参照

オグリキャップ・・・競馬をする人以外からも、ヒーローとして扱われた唯一の下町のヒーロー。
この時の現象は日本の経済に大きく貢献したように思うが、時はバブル全盛期にあたり結果としてJRAの飛躍にも貢献した。
サムソンも血統的には最高血統になるが、まだまだこれからの活躍に期待したい。

競走馬の記録とは、実際の競走成績も確かに重要であるが、本当の実績や記録には先の20年が勝負と言えるだろう。
もとよりスタミナ勝負を専門とする血統ゆえ、将来の最強馬の排出にも期待したい!
;^^まだ気が早かったかな・・・


東京優駿を制覇したサラブレット一覧

08ディープスカイ
4回京都3日 4R 2.8
1番人気1着

07ウオッカ
5回京都8日 6R 3.3
3番人気1着

06メイショウサムソン
2回小倉6日 5R 14.0
4番人気2着

05ディープインパクト
5回阪神6日 5R 1.1
1番人気1着

04キングカメハメハ
5回京都4日 5R 2.6
1番人気1着

03ネオユニヴァース
5回京都3日 5R 2.5
1番人気1着

02タニノギムレット
1回札幌2日 5R 2.1
1番人気2着

01ジャングルポケット
2回札幌1日 5R 9.8
5番人気1着

00アグネスフライト
2回京都4日 6R 6.1
2番人気1着

99アドマイヤベガ
6回京都1日 3R 1.7
1番人気4着

98スペシャルウィーク
5回阪神1日 7R 1.4
1番人気1着

97サニーブライアン
5回東京1日 3R 5.2
3番人気1着

96フサイチコンコルド
1回京都1日 5R 2.6
1番人気1着

95タヤスツヨシ
5回京都4日 7R 1.9
1番人気1着

94ナリタブライアン
1回函館4日 5R 2.9
2番人気2着

93ウイニングチケット
1回函館4日 5R 13.8
7番人気5着

92ミホノブルボン
3回中京1日 6R 1.4
1番人気1着

91トウカイテイオー
4回中京3日 4R 2.6
1番人気1着
*    *    *

Information

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。