興味本位の素人競馬

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 競馬師達の予想 □

タカマサのエリザベス女王杯(GⅠ)

(京都11レース)
エリザベス女王杯(GⅠ)

軸 9アルコセニョーラ
人気の15カワカミプリンセスは上がりがかかる展開は得意で、14コスモプラチナが飛ばす展開なら瞬発力勝負にはならずカワカミ向きのレースになる。
しかしカワカミは前にいる3ビエンナーレの存在が気になれば早めに動くと末脚が甘くなる可能性が怖い。9アルコセニョーラの府中牝馬は直線でぶつけられて立て直すロスがあって差の無い8着、それでも上がりはメンバー3位。

やや時計のかかるレースは得意(福島記念や中山)で、平均ペースで上がりが35秒台なら台頭可能。
新潟記念はハンデ52キロと恵まれてたとしてもあの直線の弾けっぷりはカンパニーの関屋記念と遜色ないインパクト、牡馬相手に勝ち時計、着差も文句なしの内容。
クイーンSで古馬にあっさり敗れた3歳世代の実力が低いとなれば、ウオッカ、ダイワ世代の4歳古馬につけ入る隙は十分にある。

8エフティマイアは牝馬3冠を全て掲示板に入った実績は評価できるし、前走はテンノリで5着、主戦に戻れば心強い。
13ベッラレイアは道悪馬場が嫌われていたがいまの天気、馬場なら言い訳が出来ないコンディション、最終追い切りも上々、力は出せるデキ。
16リトルアマポーラの秋華賞は出負けして直線はほぼ後方の位置取りで大外を回り、勝ち馬とは0.3秒差、上がり最速なら負けて強し、ゲートを決めて中段の馬ごみで脚を溜める競馬が出来ればもっとやれるはず、乗り代わりもプラス。海外馬は4フェアブリーズで牡馬並の斤量を背負って走ってきた実績を評価したい、距離もベストに近いのが不気味。
5ポルトフィーノはマイルしか経験していないのが厳しいが調教の動きは文句なし、3ビエンナーレも調教だけなら◎だが定量戦では厳しいか。

馬連&三連複一頭軸
9‐4、5、8、11、13、15、16、18


馬連&三連複ボックス
4‐8‐9‐11‐13‐15‐16


三連単一頭軸マルチ
9‐4、13、15、16複勝
9アルコセニョーラ


タカマサ【【本拠地 三重県】】
【【28歳 派遣員】】
【【競馬歴 5年】】

【【タカマサのBlog】】
20071125035443-60-205.jpg



*    *    *

Information

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。