興味本位の素人競馬

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 競馬師達の予想 □

タカマサのダイヤモンドS(GⅢ)

(東京11レース)
ダイヤモンドステークス(GⅢ)
軸8ベンチャーナイン
馬券に絡んだのは昨年のプリンシパルS以来ないが、神戸新聞杯4着、菊花賞6着、ステイヤーズS4着の内容からワンチャンスで重賞を勝てる能力はある。

神戸新聞杯では直線で捌くのに手間取り、菊花賞では直線手前で鞍上がブレーキをかけるほどの不利、ステイヤーは前有利の開幕週とツキが無いが、左回りと長い直線は新馬戦の新潟とプリンシパルで直線一気を見せたベストの舞台。

極端なスローにならず35秒台の上がり勝負なら上がり最速を叩きだす可能性は高い。

とはいえこのレースは上がり最速を出しても馬券に絡まないこともあるので、鞍上も乗り方に一工夫必要か。
鞍上の武士沢Jは昨年のこの時期は勝ち馬に恵まれなかったが今年は既に3勝、人気薄での台頭が目立つのでかなりリズムがいい。

5ウォーゲームは1000万で足踏みが続いたが、前走は逃げて上がり34.2秒で完勝の内容が光る。
2400m戦で安定した成績を残してるのに加え、57.5キロの斤量を背負って好走する馬が53キロは美味しい。
やはり前々で速い上がりを使えるのは強み。

菊花賞、ステイヤーズを2着した6フローテーションのハンデ56キロは恵まれた。
それでも左回りはダービーの1戦のみ、鞍上とは2戦して凡走と信頼性に欠ける。
9モンテクリスエスはステイヤーの素質がありそうな近走、中間は松国厩舎らしく豊富な乗り込みで万全の態勢。
サッカーボーイ産駒が魅力の11スノークラッシャーはこのレースと相性のいい松岡Jの進言で出走、昨年の4着馬で長距離血統の4エーシンダードマン
初芝のステイヤーで直線の伸び脚に見所があった7ドラゴンファイヤー、時計のかかる馬場でシブトイ12ハギノジョイフル
逃げ宣言の2サケダイスキと3ドリームフライトを前に置いてスタミナを生かしたい16ビービーファルコン
ポリトラックで好タイムの14ブレイブハート、上がりがかかれば走る10トウカイエリート(10キロは絞りたい)と手広くいきたい。

20090215101540.jpg
撮影 タカマサ

複勝&単勝
8ベンチャーナイン
馬連&馬単
8‐4、5、6、7、9、10、11

三連複フォーメーション

5‐6‐9‐11
4‐5‐6‐7‐9‐10‐11‐12‐14‐16
三連複ボックス
4‐5‐6‐8‐9‐10‐11

タカマサ【【本拠地 三重県】】
【【28歳 派遣員】】
【【競馬歴 5年】】

【【タカマサのBlog】】
20071125035443-60-205.jpg


*    *    *

Information

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。