興味本位の素人競馬

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 競馬師達の予想 □

タカマサの阪神大賞典予想

(阪神11レース)
阪神大賞典(GⅡ)
軸10スクリーンヒーロー
3歳時はセントライト記念で3着に入り、菊花賞の権利を取りながら骨折で出走出来なかったが
当時いた矢野厩舎は長距離重賞に実績のあった厩舎だったので、菊花賞、春天に出てきたら狙うつもりだった馬。

3歳時はまともに追い切りをこなさない馬と記憶していたので、古馬になってからの追い切りは真面目そのもの。
復帰してからずっと走りに注目しているが、古馬になって気性の成長が著しい。
59キロで初距離、本番への試走の雰囲気もあるが、鹿戸厩舎の追い切りはいつもこんなもの、力は出せる仕上がり。
絶好調の横山騎手なら先週のメインのようにインで脚を溜めながら抜け出す競馬か。

このレースでの1番人気の複勝率は高くおそらく12オウケンブルースリがその立場。
距離をこなしてるのは好材料だが、ジャパンカップでは2キロの斤量差がありながらスクリーンに瞬発力で負けたのが不満。
仕上がりは悪くないが、内回りで先行有利の傾向があるだけに…。

京都では強気になれる7アサクサキングスは阪神コースでは頼りないが、好位から一伸び出来る脚が魅力、前走の調子は維持でまともなら上位争い。

2トウカイトリックはこのレースで2着、3着、4着と年々着順が悪くなってるが、昨年は出負けして道中無駄に脚を使った勿体無い内容。
今回は早くからここを目標に乗り込まれ、中間は坂路で10本以上と豊富な調教過程で、得意の舞台なら一角崩しも十分。

雨で時計のかかる馬場で面白いのが1エアジパング。
この馬はキャリアで上がり3ハロン35秒を切ったのは2度だけで、時計のかかる舞台なら狙ってみる価値はある。
休み明けも苦にしないし、距離も問題なし、札幌のオープンではスクリーンヒーローに0.1秒差。

同じく時計のかかる舞台で楽しみなのが9トウカイエリート。
ステイヤーズSでは上がり最速のベンチャーナインとゴール前での叩き合いで抜かせなかったようにスタミナは豊富
11ナムラクレセントは叩いた上積みと距離適正、56キロの斤量は美味しい。
このレースとの相性がいい万葉Sの勝ち馬2ニホンピロレガーロ、前走は内枠が不利でまともに走れなかった8ヒカルカザブエ。
三連複一頭軸
10‐1、2、7、9、11、12
馬単ボックス
1‐2‐7‐10‐12
三連単一頭軸マルチ
10‐1、2、7、12
三連複ボックス
1‐2‐7‐10‐12

タカマサ【【本拠地 三重県】】
【【28歳 派遣員】】
【【競馬歴 5年】】

【【タカマサのBlog】】
20071125035443-60-205.jpg


*    *    *

Information

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。