興味本位の素人競馬

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 競馬師達の予想 □

タカマサの毎日杯(GⅢ)

(阪神10レース)
毎日杯(GⅢ)


軸14アイアンルック
新馬戦の追い切りでリーチザクラウンの調教相手として注目されたが、素質は確かなモノ。
2戦して共に出遅れは気になるが、前走は上がり最速を繰り出すもロスなく内々で立ち回った9ダブルウェッジとは逆に、出遅れた上に前残り馬場を大外からとこの馬には不向きな流れ。
ゴール前の勢いから距離延長プラスで、ゲートを決めてスムーズな競馬なら直線で突き抜けるはず。
追い切りでも52.5‐12.6秒と全体、終いも優秀とまともなら3着は外さないと見る。

先週の若葉Sで皐月賞出走の権利取りに失敗した池江厩舎が、わざわざ内田博Jを配して挑むのは11アプレザンレーヴ。
太目を叩いた未勝利戦を楽逃げ勝ち、前走は上がり33.8秒で瞬発力のある所を見せて完勝と能力は高い、皐月よりダービー向き?
ただ今回は調教の内容がだらしないのが気になるが…。

関東馬2頭の瞬発力も強力
5オオトリオウジャは1800m戦で2戦2勝だが初の右回り、4ヶ月の休み明けと不利もあるが2戦共に上がり33秒台は魅力
5ストロングリターンは毎回出遅れて後方からのレースになるが末脚は確実で2、1、3、2着。
デビュー戦は重賞で差のないレースを続けるサンカルロの頭差2着、2走前がスプリングSの2着馬レッドスパーダの0.1秒差3着とくれば世代の中でも潜在能力は相当ある
脚質的にこの舞台は合うので大掛けも期待できる。

9ダブルウェッジは乗り代わりだが四位騎手は昨年の優勝騎手
乗り代わりの経緯はディープスカイの馬主とダブルウェッジの馬主が身内だからとか。
前走よりかは調教の動きは良化も前走はやや恵まれた内容に思えるが…、今回は距離延長な分、先々を見据える乗り方か?、次走はNHKマイルの予定。

3シルクダンディーは詰めの甘さがありダートで勝ち上がってきたが芝でもやれる。
上がり最速をマークしたこともあり、今の勢いなら一角崩しの可能性もあるのでは?
過去にこのレースでシルクジャスティスがダート馬と思われて人気薄で3着したのもある。
有力馬が後方からが大半なので、先週の若葉Sで皐月の権利取りに成功した武幸Jなら、中段から内を捌いて抜け出す競馬が出来る。

追い切り重視なら6スリーローレルがCWで素晴らしく、12ゴールデンチケットが叩き2戦目で坂路52秒台、こちらは1800m戦で1分49秒台で2度走破。
脚質に幅が出てきた7ミッキーパンプキンは時計勝負だと有利、印が回らなかったが逃げたら厄介なのが叩き2戦目でしぶとさUPの13トップゾーン。
三連複一頭軸
14‐3、5、6、7、8、9、11、12
三連複一頭軸
8‐3、5、7、11、14
馬連ボックス
3‐5‐7‐8‐11‐14

タカマサ【【本拠地 三重県】】
【【28歳 派遣員】】
【【競馬歴 5年】】

【【タカマサのBlog】】
20071125035443-60-205.jpg


*    *    *

Information

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。