興味本位の素人競馬

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 競馬師達の予想 □

タカマサの日経賞(GⅡ)

(中山11レース)
日経賞(GⅡ)
軸9アーネストリー
重賞初挑戦だが前走0.4秒差の2着に下したナムラクレセントが阪神大賞典で3着なら重賞でもやれる下地は十分で、上がりのかかる馬場はプラス、56キロならこのメンバーでも見せ場は作れていい。

個人的には2000m前後がベストと思ってたが前走の勝ちっぷりには驚いた。
道中13秒台のラップに乗り、最後3ハロンは11秒台を刻んだと推定すると、瞬発力も付けてきた。
今回は4キングストレイル、10ホクトスルタン、13シルクフェイマス辺りが先行するスローの展開で、最後は上がりの公算が高く、捲り気味に動く上位人気の1アルナスライン、11ネヴァブション、12モンテクリスエスらとの直線の攻防が見物。

デビュー戦の完成した走りに惚れ込んだ素質馬だが、ちょうど1年前の毎日杯を脚部不安で回避しクラシック路線に挑めなかったが、ここからの快進撃に期待。
佐々木厩舎は御堂筋Sをステップにこの日経賞をタップダンスシチーで2着、オペラシチーで3着と好相性で、今回は最低でも2着に入って賞金を加算しておきたい。

穴は休み明けがどんな凡走でも叩き2戦目は必ず押さえておきたい13シルクフェイマス。
10ホクトスルタンは大型馬で休み明けはさすがに割り引き、逃げを主張できなければどうしようもないので、途中で息が持たず止まる可能性も。

差しでは7マイネルキッツに注目。
三連複一頭軸
9‐1、4、6、7、10、11、12、13、14
馬連
9‐1、4、7、11、12、13、14
馬連ボックス
1‐4‐7‐9‐11‐12
三連単一頭軸マルチ
9‐1、7、11、12

タカマサ【【本拠地 三重県】】
【【28歳 派遣員】】
【【競馬歴 5年】】

【【タカマサのBlog】】
20071125035443-60-205.jpg


*    *    *

Information

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。